所長・講師紹介

トモエMIアカデミー所長 藤本トモエ
<プロフィール>
慶應義塾大学 法学部卒業。国際基督教大学にて英語科教員免許取得。2001年、ハーバード大学のProject ZeroにてMultiple Intelligences Theoryを学ぶ。高等学校の教師、英会話学校の講師を経て、2004年よりトモエMIアカデミーを主宰。トモエ算盤株式会社 代表取締役社長には1985年に就任、現在に至る。
2004年に全米数学者会議でそろばんワークショップを開催し、同年、筑波大学附属小学校や都内小学校にて、英語そろばんイマージョン授業を全国で初めて実践指導。2005年3月、株式会社アットマーク・ラーニング社外取締役就任。2005年4月より慶応義塾普通部の特別選択授業にて英語そろばんイマージョンクラスを受け持つ。また、池田紅玉氏と共著で『英語で聞くそろばんドリル』(南雲堂フェニックス)を出版。社団法人東京文具工業連盟、社団法人全日本文具協会各理事。その他、チュニジアやモロッコをはじめ、海外でのそろばん普及活動も積極的に展開。

<ご挨拶>
トモエMIアカデミー所長の藤本でございます。
詩人金子みすずは「みんなちがって、みんないい」と詩に詠んでおります。
当アカデミーではハーバード大学のハワードガードナー教授が提唱されたマルティプルインテリジェンス理論に基づき、子どもから大人まで一人一人が多様な知性を持っていることを確認しながら、一人一人の能力を尊重し、異なる学習方法を開発するプログラムを実施してまいります。
また、トモエそろばんは、東北大学川島隆太教授が研究発表された「読み・書き・計算の繰り返しの学習が脳をもっとも活性化させる」という理論に基づき、今までとは違うそろばん学習を展開してまいりました。
この二つの理論を積極的に組み合わせることによって、「学び」そのものを幅広く捉え、子ども達の個性を尊重しながら、算数に自信を持ち、その算数を大好きな子どもに育ててゆくことをができると考えております。
「子育て」は同時にご両親様にとっての「自分育ち」であり、子ども達の成長を通して、親も共に学び、育つような空間をMIアカデミーでは創造してゆきたいと考えております。

主任認定講師 小玉 博雄
<プロフィール>
北コロラド大学卒業。心理学専攻。児童心理学と精神分析を中心に学ぶ。滞米中珠算初段の腕前を活かし、コロラド州の各小学校でそろばんと暗算のデモンストレーションを実施。

<ご挨拶>
そろばんを習うと、基礎計算力がつく、暗算ができるようになる、集中力がつく等、いろいろ良い点があります。
そこに、英語の読上げ算をプラスすると、英語で聴いた数字を日本語に訳さずに計算できるようになります。もちろん、これらを習得するには、常に向上心をもってそろばんの練習をする必要があります。
子供達と接していてつくづく思うのは、「そろばんは、自分との戦いなのだなぁ」という事です。そろばんの場合、結果が必ず数字で表されます。そして、その結果に対して第三者が介入する余地は一切ありません。例えば、ある検定試験で90点以上が合格の場合、89点は当然不合格となります。
ここで、先生が勝手に、「毎日あれだけ練習したのだから努力点として1点追加で合格です。」なんて事はできません。誰も助けてくれません。苦しくても、泣きたくても、自分が努力して結果を出すしかないのです。結果を出さないと前に進めないので、諦めた時点で負けとなります。他の人との競争ではなく、一週間前の自分、一ヶ月前の自分との戦いなのです。
もちろん、先生として生徒のやる気が続くように目標達成へ向けての環境作りに力をいれますが、目の前にある壁を粘り強く一つ一つ乗り越えて行くのは本人自身なのです。そろばんを通して一人でも多くの子供達が自分との戦いに勝利し、努力の大切さを実感し、それが自己成長に繋がるという体験をして頂ければ大変嬉しいです。
目標を達成しようと前向きに努力する姿勢は、暗算同様に子供達の一生の財産となるでしょう。

 
講師募集